あなたが副業をしなければならない合理的な理由

副業時代が到来している昨今、いまだに副業をしていないサラリーマンを多くいる。

私は副業をしていないサラリーマンは大きく分けて以下のように3種類に分けられると思っている。

  1. そもそも副業の存在すら知らない情報リテラシーの低いサラリーマン
  2. 副業の存在は知っているものの、何から手をつけて良いか分からないサラリーマン
  3. 副業をせずとも本業で将来に不安がなく、お金と内容が充実しているサラリーマン

私はSNSを運用する上で、これら全てをターゲットとしているわけでなく、上記の中でも特に②の方に向けて情報発信をしている。

そして、副業をしていないサラリーマンの中で、この記事を開いたほぼ全員が②に分類される。

従って、本記事では、②の方に向けて、最初の一歩を踏み出せる内容を意識して情報発信をすることとなる。

①のサラリーマンはリテラシーがそもそも無いため、この記事を開こうともしないだろう。

③のサラリーマンは、本業で結果を出せるということは、リテラシーは持っているケースが多く、本業を頑張る方が効率的と判断してあえて副業をしないだろう。

ここで大切なのは、資産運用等はどのサラリーマンでもした方が良くて、③のサラリーマンは資産運用のメリットをよく分かっていない場合があるので、リテラシーは低いことが多い。

しかし、プライドが高いため、副業の存在を鼻で笑ってしまうため、③に納得してもらうためには多大な労力が必要とする。

私は③のサラリーマンに向けてそもそも情報発信をしているつもりはない。

リテラシーが低く、やる気のない人のために、ボランティアで情報発信をしているわけではないからだ。

ここからの記事は、副業をしたいけど、一歩踏み出せないサラリーマンに見て欲しい。

私がターゲットとしているのは、前向きで謙虚な、頑張り屋さんへ情報発信をしている。

なぜなら、そう言った人たちは、人の言ったことに対して斜に構えることなく、成長速度が圧倒的に速いからだ。

あなたは老後のために2,000万円貯蓄できる?

年金2,000万円問題というニュースが2018年に報じられて、私達が老後を生きるためには年金だけでは到底豊かな生活が出来ないというのはもう周知の事実だろう。

そもそも、年金という制度は、人口が増え続ける前提のもとで継続していくことが出来る制度のため、今の老人大国日本では私たち現役世代のサラリーマンが今の基準で年金を貰えるというのはほぼ間違いなく諦めるべきだ。

わたしたちは今の老人のためにせっせと年金を支払っているけど、いざ自分が老人になるときにもらえないというのは、あまりにも破綻している制度だと言わざるを得ないが、それが現実であるならば、年金に頼らないで生きていくということに今のうちから備えておかなければならない。

そこで私がSNSを活用して必死にサラリーマンに訴えかけているのは、副業をやることである。

副業は政府も公認している

副業については政府も公認している。

積極的にサラリーマンには副業をして欲しいと政府は副業のガイドラインなるものも作成した。

しかし、国の税金を投入した施策にも関わらず、このガイドラインの存在を知らないサラリーマンは多い。

8割のサラリーマンは、このガイドラインを読んですらいないだろう。

しかし、政府が公認したことにより一部の企業は副業を解禁して2018年はまさに副業サラリーマン元年だったと言える。

稼げないサラリーマンは副業しないと手遅れになる

サラリーマンで十分な収入がある人は副業を考えなくて良いだろう。

この十分という基準はまさに老後資金2,000万円以上を余裕で貯蓄できる人を指す。

そもそも、年金なんて貰えるか分からないのだから、今の制度に照らし合わせて2,000万円足りないというのは全くセンスがないと思う。

老後資金において、足りないのは2,000万円ところではない。

これはまさにわたしたちサラリーマンに降りかかる災害のように重く、人生を豊かにしたいのであれば、老後については20代から向き合いながら生きていかなければならないのだ。

今が良ければ良いとか能天気なことを言ってられるもの、20代前半までだろう。

まず間違いなく、何も考えていないまま過ごしてしまうと、あなたはお金の問題に悩まされつづける人生を送る。

それが資本主義の現実だからだ。

国民の老後について政府はサジを投げた

上記のように、年金が足りなくなってしまうからと言って、政府が助けてくれるわけではない。

政府は年金が足りなくなるから、今のうちに投資や副業をして、自助努力を加速せよと伝えている。

何となく、今のままではダメだと思ってこの記事を開いたサラリーマンは多いと思うが、そのマインドで生活を続けると本当に手遅れになってしまう。

人生においてお金が一番大切だとは私は思わない。

しかし、お金で常に悩まなければならない人生こそつまらないものはないと思っている。

私は20代前半でそれに気付いて、30歳のいま、東京の世田谷区に自宅を持ちつつ、他にも不動産を所有している。

ちなみについ最近はセカンドハウスまで購入した。

動き出すなら今

サラリーマンが動き出すなら今しかない。

私がこの記事で伝えたいことは、動かないサラリーマンを誰も救わないということ。

行動こそが全てというと、それを批判する人も多くいるが、行動しまくってようやく理解できることが沢山あるのは私の経験談だ。

副業レベルのビジネスは机上の空論になることが多く、とりあえず試してみる、体験してみるマインドが何よりも大切。

そして、学んだこと、実績を残せたことをSNSとかでアウトプットしていけば、人は自然と集まってくるだろう。

今、動き出そうか悩んでいるあなたは、今動き出さない理由はないということ。

また、副業で失敗する多くのケースは、初めはやる気満々で始めるものの、途中で息切れを起こして何もやらなくなる人が多いこと。

これは私が実際に1年間副業してきてそう言った人たちを見てきたため、確信を持って言えること。

そうならないためにも、あなたは毎日継続して、実績やアウトプットを習慣化するまで積み上げていかなければならない。

以下は私が不動産投資でとりあえず行きまくったセミナーです。

不動産業界はジャンルが多く、視野を広げる意味で参加することをお勧めします。

購入するのではなく、参加して視野を広げるという視点で利用してください。

もちろん全て無料、いかない理由はないですね。

完全に無料なので、あなたの勉強として、知見や視座を広げるという意味でやらない理由はないですよね。

(不動産投資の一括資料請求「プレミアムオーナー.com」の申込み)

まずは14日間の無料お試し!Casegood会員登録

0から学べる不動産投資資料請求

(中立的な専門家があなたにぴったりな不動産投資をサポート【イエベスト不動産投資】)

(ジャスダック上場企業シノケングループ《参加費無料》頭金0円からでもできる【失敗しないための不動産投資セミナー】セミナー申込)


広告種類
ジャスダック上場企業シノケングループ《無料でもらおう》初心者でもわかる不動産投資ノウハウ教材&オーナー体験談ムービーの資料請求 )

Source: 副業BOOK

コメント

タイトルとURLをコピーしました