8月からハワイ渡航が解禁!?

副業

IMG_6720

先日、ハワイ知事から発表があって、8月1日からハワイへの渡航が14日の自主隔離なしで、入国できるようになります!!

https://www.hawaiinewsnow.com/2020/06/24/governor-expected-announce-testing-plan-travelers-part-effort-reopen-tourism/
引用:Hawaii News Now

https://www.hawaii-arukikata.com/news/2020_0624_reopen_plan.html
引用:Myハワイ

ハワイ到着前にコロナ陰性の証拠を提出することが条件です。

証拠がないと、14日間の自主隔離は引き続き必要です。

よって、日本国内で陰性証明書を発行してもらう必要があります。

でも、

・陰性証明書(健康証明書)ってそもそも、どこで取れるのか?

・陰性証明は各国によってフォームや必須事項が変わるのか?

・何日間有効なのか?

・検査してどれぐらいで発行してもらえるのか?

・英文でないとダメ?その国の母国語でないとダメ?

・PCR検査で、唾液で可能な国と、鼻腔・咽頭スワブ(擦過)が必要な国は?

・費用は?

どれも、良く分かりません。。

渡航する国の大使館できちんと調べてから渡航しないと、現地に着いたはいいけど、期間過ぎてるとか、日本語証明書だからNGとか、入国できないリスクは十分ありますね。

「陰性証明 京都」でググっても、

当院では、陰性証明書の発行について、原則対応してません。

というような医療機関ばかりで、対応しているところがまだ少数です。

また、発行されてから入国できるまでの期限ですが、

・インドネシア
入国7日以内に発行された英文証明書

・ネパール
ネパールに到着する7日以内にスワブテストによるPCR検査が必要

・マレーシア
マレーシア入国前3日以内にPCR検査を受けて、陰性証明書を受領するとなっており、さらにスワブテストのみ。

・タイ
渡航前72時間以内に発行された陰性証明が必要。
・台湾
搭乗前3日以内のPCR検査を受けた陰性証明が必要。

とある、医療機関では、検査後に陰性証明(健康証明)を発行できるのが、翌々日らしく、3日以内の陰性証明が必要な国は、その日のうちに入国しないと、期限切れるので、かなりタイトです。。

また、とある医療機関の費用は、

・一般診察、迅速抗体検査、健康証明書(英文):2万円(税別)
・一般診察、PCR検査、健康証明書(英文):4万円(税別)
抗体検査を追加+1万円

▼ハワイの場合は?

ハワイは72時間以内にPCR検査をして陰性証明を印刷もしくは電子メールで証明する必要があります。

ハワイ州に到着後に検温、ヘルスフォームへの記入をする必要があって、検温の際に体温が38度以上あった場合や症状がある場合、ヘルスフォーム内に記入された内容により追加の検査が必要となるようです。

もし、家族でハワイに行って、子供に熱が出て入国できないとか、出国できないとか、トラブった時のリスクが高いので、はやり年内に家族でハワイに行くのは厳しいですね。。

行くなら、まずは自分一人で行って、まず試してみることからですね。

というか、検査して3日後に陰性証明発行してもらって、その日のうちに出国して、日付変更線またいで-1日になっても72時間以内と認めてくれるのか??

認めてくれなければ、検査後72時間で、ホノルル空港到着は実質無理やし。。


Source: 【令】現役サラリーマンが副業で時間付きの収入を得ながら、マイルで世界中をタダで旅するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました