MRにとって無駄な内勤はサラリーマンにとっては無駄な事ではない話

副業

みなさん、こんにちは。

現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。

最近の内勤でアホみたいなファイル作成の強要、多くないですか?

特に在宅勤務が増えている事もあり、しょーもない書類作成を強いられているケースが多くある。

うちの会社も「このファイルに何の意味があるのだろうか?」という内勤がめちゃくちゃ多い。

この不毛な内勤作業を日々していて気付いた事があるので今日はこの事について書いていきますね。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

低能な管理職や会社ほど不毛な内勤をMRにさせる。

能力が乏しい管理職ほど意味不明なファイルを作らせたり不毛な内勤をさせる。

メンバーを管理する能力がないのでファイルを管理して満足する管理職。

過去にこんな記事を書きました。

能力がない所長には2つの特徴がある。MRは辛いよねの話。

ほとんどの所長が過去にMRを経験しているはず。

自分がMR時代に無駄な内勤をさせられた時に適当にあしらっていた事を忘れてしまったのだろうか?

もしくはMR時代に無駄な内勤を強いられたのが嫌だったから腹いせにメンバーに強要させているのだろうか?

いずれにしろ、無駄な内勤を増やす事でMR側からしたらメリットは何もない。

むしろ逆で同じ内容の報告や詳細な報告を求めれば求めるほどMRの立場で言えば適当に書いて提出する。

結果、本当に報告して欲しい事すら分からなくなってしまう。

VEEVAのような活動報告システムも同様。

販売情報提供活動ガイドラインが施行されて活動日報の報告が変わった。偉い人達は何も分かってない話

難しい話ではないと思う。

多くの報告をさせれば内容が薄くなる。

無駄な内勤は不毛だがサラリーマンとしては必要な作業なんだと思う。

無駄な内勤を強要させても意味がない。

同じ報告をフォーマットを変えて再び提出させる。

詳細な報告を求めるあまり内容が薄くなり本質が余計に見えなくなる。

だから「こんな意味の無い内勤作業はやらなくて良い」とはならないでしょ。

しょーもないファイル(通称:あほファイル)作成は間違い。

しかし、あほファイルを作成するという業務が会社からきているのであれば、あほファイル作成をしなければならない。

あほファイルを作成しなければ、あほファイルの作成を強要させている能力が乏しい管理職からダメな評価がくだってしまう。

このファイルに意味があるか無いかは自分はマネージメントするようになってから考えれば良い。

指示を受ける立場として、あほファイルを作成しないという選択をない。

それが嫌なら早く偉くなるしか方法は無いと思う。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

MRにとって無駄な内勤はサラリーマンにとっては無駄な事ではない話のまとめ

外勤が徐々に出来るようになっているとは言え、まだまだ在宅勤務をする時間は多い。

そうなると、あほファイルの作成依頼が増えてくる。

同じ内容の報告や、こんな細かい事を報告させて何の意味があるのか?という内容のファイル。

あほファイルを作成したところで実績が上がる訳でも仕事のモチベーションが上がる訳でもない。

こんな意味のない内勤は無くなれば良いと思う。

しかしMRという立場で会社から指示された業務命令を無視する事は出来ない。

稀にMRが所長に対して「こんな資料作成意味がない」と主張するケースを見かけるけど、これは正しくない。

あほファイルであっても会社が求めるのであれば仕事と割り切り真面目に取り組んだ方が損がない。

そして本当に自分の主張出来る立場になった際に「あほファイルを作らせる行為はあほそのものだ」と主張したら良い。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Copyright © 2020 ゆってぃーMRの製薬会社生活ブログ・副業・リストラ・転職・生活に切り込む! All Rights Reserved.

Source: ゆってぃーMRの製薬会社生活ブログ・副業・リストラ・転職・生活に切り込む!

コメント

タイトルとURLをコピーしました