奈良の新規太陽光の視察 Vol.2

副業

奈良の新規太陽光予定地の視察の続きです。

1ヵ所目はFIT21円でパネル100Kwで200%過積載案件です。

現地は橋の上から見下ろす感じで確認できました。

谷間になっている南東向きの斜面に設置するので、傾斜25°あるので発電は良さそうですが、

方位が南西40°を向いていることと、

南と西が山で囲まれているので、冬場の日中と、夕方の発電が微妙です。

また、東にも橋が架かっているので、朝の売電に若干影響ありそうです。

陰の影響が結構ありそうなので、残念ながらパスです。

やはり、現地に行かないと、公図や写真だけでは分かりませんね。

2ヵ所目はまた別の業者さんの案件ですが、そちらも同一エリアで4区画の予定地と、すでに稼働している区画を見せてもらいました。

FIT21~18円で、パネル80Kw、100Kw、110Kwの3パターンです。

日射量はそんなにいいエリアではありませんが、農業振興地域を何とか苦労して除外の認可を受けたそうです。

東西南にさえぎるモノが何もない区画や、雑木林があるけど伐採予定の区画や、東西がうまいこと開けてる区画などありましたが、4区画中、3区画が合格でした。

IMG_9764

業者さんのシミュレーションも過積載のピークカットを考慮してて、まともなシミュレーションでしたが、

シオン独自のもう少し厳し目の過積載シミュレーションだと、

区画① 表面10.0% 手残り43万
区画② 表面10.6% 手残り38万
区画③ 表面9.9% 手残り37万

1~2年前までの基準だった、表面利回10.5%というのは、もう今時出てこないので、表面利回りは見ないで、

経費・固定資産税・融資返済後(設備のみ、金利1.2%、15年試算)で、初年度の実質キャッシュフローが35万円以上なら買うという基準を超えました!!

今回初めてお取引する業者さんなので、関連会社を含んで、与信調査はしっかりさせていただき、全く問題なかったので、

友達2区画、シオン1区画で買付証明を入れました!!

このご時世、融資特約ありだと、現金買いの方に取られてしまうので、融資特約なしで買付証明を入れました。

50万値引で指値入れましたが、もともとの価格設定を頑張ってくれていたようで、値引は全く受けれないとのことで、満額で再度買付証明入れました。

完工・連系は年末ぐらいになると思いますが、これが稼働すれば、低圧21区画、パネルベース1.2MW、年間売電3600万円を超えてきそうです!!

後、100Kwクラスを3区画買えば、1.5MW、年間売電4200万円行けるか!?

今後、各金融機関の融資返済が進んでいけば、年1区画ぐらいは買い足して行けるかもなので、1.5MWを次の目標に頑張ります!!

LINE始めました_Sshion.syo_nametagf_logo_RGB-Hex-Blue_512

Source: 【令】現役サラリーマンが副業で時間付きの収入を得ながら、マイルで世界中をタダで旅するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました