「債権」と「債券」の意味と違い

副業

「債権」と「債券」の意味と違いとは

「債権」という言葉は、お金の貸し借りに関してよく聞かれる言葉です。一方、同じく金銭関係の言葉で「債券」というものもありますが、両者は一体どのように違うのでしょうか。使い分けのポイントが知りたいところです。

そこで今回は、「債権」と「債券」の意味や違いについて探っていきたいと思います。

「債権」とは

債権

「債権」とは、「特定の人に対し、一定の行為(給付)を請求することができる権利」という意味の言葉です。例えば金銭を貸した者が、借りた者に対してその返済を求める権利などを言います。こうした権利を持つ者を「債権者」と呼び、反対の立場の者を「債務者」と呼びます。

「債権」の「債」という字は、「借金で責められている人」を表しており、「借り」「貸し」などの意味を持ちます。一方「権」の字は、本来「分銅」を表しますが、「力」や「勢力」の意味を持ちます。

「債券」とは読み方は同じですが、意味合いは違います。「債券」が、後述するように有価証券の一種を指すのに対し、「債権」は財産権の一種を指すようになっています。

「債券」とは

債券

「債券」とは、前述のように有価証券の一種で、国や地方公共団体、事業体などが資金を調達する際に発行するものを意味します。「債券」の購入者は定期的な利子の受け取りが可能で、期日まで保有すると、額面金額の償還が保証されています。

「債券」の「券」という字は、「割符(木片などを2つに割ったもので、身分証明のために使うしるし)」や「手形」の意を表します。

「債券」と「債権」は、細かい意味合いは違いますが、互いに関連した言葉です。「債券」を発行した側は、購入者に対し元本及び利息の支払い義務を負うことになります。つまり購入者は、発行者に対し元本及び利息の返還請求権という「債権」を持つことになるわけです。
このように、「債券」とは「金銭債権を具象化したもの」であり、「債権」に含まれると考えることができます。2つを使い分ける際は、「権」と「券」の意味の違いについて考えると、分かりやすいでしょう。

Source: 社会人の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました