コロナで在宅勤務MR今の給料が保証され続けるのか?直近で改悪があるかもしれない話

副業

みなさん、こんにちは。

現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。

新型コロナウイルス感染症の蔓延で経営が行き詰まっている業種も多くあるでしょう。

製薬業界は他に比べれば不況や世間情勢に影響されにくい業界と言われている。

しかし当初、多くの方が想定していたよりも活動自粛が長期化していけばMRの給料も下げられる方向で議論がされていくでしょう。

今日はこの事について書いていきますね。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

他業界の友人は来月の生活も目処がたたず悲惨な状況になっている。

小さな居酒屋を営んでいる友人がいる。

3月中旬くらいまでは2〜3割減くらいで何とか持ち堪えていたらしいけど今は壊滅的状況との事。

個人で事業をするのであれば様々なリスクがあるのは当然という冷たい意見もあったけど、さすがに今回はケースは想定出来ないでしょう。

売上が0円だけど家賃も開業資金のローン返済も毎月必ずくる。

もちろん弁当販売したり、空いた時間でUberEatsの配達のバイトをしたりと、やれる事はやっている。

それでも全く返済金額には届かないって。

雇っている大学生のバイト君も当然、働けないので給料がない。

退学も検討しているとの事。

そして、いつも仕入れている食品会社も倒産のリスクもあると嘆いているって。

MRに限っていれば、ここまで切羽詰まった状況ではないけど決して安泰とは言えないと思う。

既に日当がもらえない生活が2ヶ月近く続いている

2月の中旬くらいから日当がもらえない日々が続いている。

外勤をする日に3,000円前後の日当が支給される事が多い。

月に20日外勤があれば3000円×20日=6万円

非課税なので給料ベースで考えれば10万円くらいのインパクトがある。

となると3月、4月は給料が10万円下がった事になる。

これで特に生活に困窮する事は無いと思うけど日当が貰えない期間がこのまま長期化されればライフプランに影響が出てくると思う。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

活動自粛が長期化されれば営業手当にも影響が出てくるでしょう。

そもそも営業手当って何でしょうかね?

過去に日当と営業手当の違いについて記事にしています。

MRの日当って何の為に支給されてるか知ってる?MRの日当って何の為に支給されてるか知ってる?

営業手当の意味としては『外回りお疲れ様。大変な分、給料上乗せしとくわね』ってもの。

しかもほとんどの製薬会社がこの営業手当の中に想定時間外勤務手当も含んでいる。

その中で現在MRは外回りしていないし、時間外勤務もしていない。

事実とは伴わない手当が支給されている事が本部で議論になっていると聞いた。

担当の医者に電話、メール、Web面談等でアプローチしているけど、これは外勤でも外回りでもないくデスクワークでしょう。

実際、本社でお薬相談センターやオンライン対応の専属担当者は顧客と直接やりとりしているのに、この人達は営業手当が出ていない。

ここに不平等が出てきてしまうので外勤していないMRには営業手当を支給するべきでないという意見。

営業手当は会社によって異なるけど毎月5万円前後くらいが平均でしょう。

これも削除される可能性が出てきている。

在宅勤務が長期化されてMRがやる事なければ最悪、休業(出勤停止)も無きにしもあらず。

約2ヶ月、在宅勤務しているけど実際、生産性ある仕事はほぼしていない。

時間稼ぎの無駄な作業が大半でしょう。

仮にこの活動自粛があと半年続いたら、さすがにやる事ないでしょう。

そうなったらMRを交代で休業させる処置なども可能性としては0%ではないと思う。

実際、大手の企業でも出勤停止の措置が取られている。

キヤノン、本社を臨時休業 6000人の大半、17日までキヤノン、本社を臨時休業 6000人の大半、17日まで

こうなってしまうと労働基準法で言えば給料6割補償で良いのでMRを休ませて給料4割カットなどの措置が取られる可能性がある。

いくら高給のMRであっても給料が4割カットされてしまえ住宅ローンや子供の学費に対応出来ないMRが多く出てくるでしょうね。

コロナで在宅勤務MR今の給料が保証され続けるのか?直近で改悪があるかもしれない話のまとめ

製薬業界はこのような状況でも比較的、安定している。

しかし今の給料は保証され続けると安易に考えるのは危機感が無さ過ぎだと思う。

現状は日当が無くなった程度と考えているけど、現実的には月の給料が10万円下がったくらいのインパクトを受けている。

そして営業手当。

外勤して営業活動をしていないのに営業手当が支給されるのは、おかしい。

これは会社が支払う体力が無い訳ではなく、不公平感の是正からくる考えだと思う。

お薬相談窓口で顧客と直接やりとりしている社員は営業手当は貰えず、MRがメールや電話で顧客と直接やりとりすれば営業手当がもらえる。

しかも営業手当には想定時間外勤務も含まれているので尚更、実態が伴わない手当になってしまっている。

そして可能性はかなり低いけど在宅勤務が長期化されればMRを休業させる事も無きにしもあらずだと思う。

そうなれば給料4割カットですよ。

これらの事を考えれば例え内向きのアピールと言われてもMRは現状でやれる事は見える形で証明していく必要があると思うわ。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Copyright © 2020 ゆってぃーMRの製薬会社生活ブログ・副業・リストラ・転職・生活に切り込む! All Rights Reserved.

Source: ゆってぃーMRの製薬会社生活ブログ・副業・リストラ・転職・生活に切り込む!

コメント

タイトルとURLをコピーしました