【stinger導入サイトを探す方法】stingerを使っている人だけを検索する方法。その他、SimplicityやGushなどの導入サイトを探す方法

副業

http://www.flickr.com/photos/16324044@N00/5409159359

photo by Eva the Weaver

 

 

アフィリエイト作業をしていますがなかなか記事を書くとこまで進まないです(汗)

さて、前回に引き続きwordpressテンプレートを色々試しているときに気がついたことをメモしておきます。

テンプレートstingerを使っている人だけを探したい時ってありますよね。

精度は低いですが、テンプレート名を完全一致検索すればstingerを使っているひとだけを検索できます。

テンプレートstingerを使っている人だけを探す方法

stingerを使っている人だけを探す方法は、ブログの最下部に記述してあるテンプレート名をターゲットに検索します。

ブログの最下部に記述してあるテンプレート名(例:WordPress-Theme STINGER3)をダブルクォーテーション「““」でくくって検索してやれば、STINGERを使っている人だけが検索できます。

ただし最下部のテンプレート名を消して利用しているサイトはヒットしません。

あと、stinger5と6は最下部のテンプレート名の記述がないので検索できません。

例:STINGER3を利用している人だけ検索したかったら、

テンプレート名“WordPress-Theme STINGER3”をダブルクォーテーション「““」でくくって検索すれば、STINGER3を使っている人だけを検索できます。

stinger7は“2016 All Rights Reserved.powered by STINGER”と入力して検索すればstinger7を利用している人だけを検索できます。

 

stinger3を使っている人を検索→

stinger7を使っている人を検索→

 

応用編でアフィリエイトテンプレートAFFINGERや、企業お店などのホームページ用のテンプレートmicata(ミカタ)を利用しているサイトを検索してみましょう。

テンプレートAFFINGERやmicata(ミカタ)を使っている人だけを検索する方法

先ほどと同様にダブルクォーテーション「““」で“2016 All Rights Reserved.powerd by AFFINGER”とくくって検索してやればいいだけです。AFFINGERを利用している人だけを検索できます。

また、micata(ミカタ)を使っている人だけ検索したかったら“2016 All Rights Reserved. powered by micata”と入れて検索してやればmicata(ミカタ)を使っている人だけ検索できます。

 

アフィンガーを使っている人を検索→

micata(ミカタ)を使っている人を検索→

 

その他、SimplicityやGushなどのwordpressテンプレートを使っている人だけを検索する方法

ブログの最下部にあるテーマ名をダブルクォーテーション「““」でくくって検索

 

Simplicityを使っている人を検索→

Gushを使っている人を検索→

Principleを使っている人を検索→

マテリアルを使っている人を検索→

 

最下部のテーマ名がないテンプレートは検索できません。

Simplicity2は、最下部のテーマ名の記述がなくなっているのでSimplicity2はヒットしません。

バズ部のテーマ「Xeory」も最下部にテーマ名の記述がないので検索できません。

これ以外にも、有料のテンプレート賢威やシリウスも最下部にテーマ名の記述がないのでこの方法は使えません。

まとめ

 

最後に一覧をどうぞ

 

stinger3を使っている人を検索→

stinger7を使っている人を検索→

アフィンガーを使っている人を検索→

micata(ミカタ)を使っている人を検索→

Simplicityを使っている人を検索→

Gushを使っている人を検索→

Principleを使っている人を検索→

マテリアルを使っている人を検索→

 

 

 

Source: 副業ライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました