コロナショックで思うこと・・

世界はコロナショックであたふたしてますが、そんな中私はというと、不謹慎ながらテンション高く投資先を虎視眈々と狙って市場調査の日々を送っています。

株、投資信託、FX、仮想通貨等(FX・仮想通貨は投機になりますが・・)いろいろ調べましたが、私の中では今のところ、日本の個別株かNYダウの投資信託が良いのではないかという結論になっています。

株などの投資は、常に人が恐れているときにチャンスが訪れるものです。

よく考えてください、すべての銘柄が一斉に急落するわけですから、そこに理論的なものは一切なく、感情だけで取引されています。

だからそういった時に、優良株・割安株を買えば、長期的にはほぼ間違いなく利益が期待できるわけです。

実際に今までの歴史がそれを物語っています。

そして、こういったチャンスの時だけ投資に参加するという選択肢を取れるのが、個人投資家の一番の強みなのです。

ファンドや取引を生業としている人たちは、常にリターンが求められるため「休むも相場」ができないですからね。

コロナショックによる今後の世界を考えた時に、もっとも恐れるのは、信用リスクにまで影響が及ぶことです。

アメリカのシェールガス企業が危ないと言われていますが、要は今回のコロナによる相場の急落や、売り上げの減少によって、大きな損失を抱える企業や人が出た時に、返済ができなくなり破綻してしまう人が多くなることによって、信用リスクが意識されだします。

当然、破綻する企業が増えると、そこにお金を貸している銀行なども破綻する可能性や、不良債権化し処理が長引く可能性がでてきます。

バブル後の日本がそうでしたよね。

こうなると非常にやっかいで、今回の相場急落が一時的なものではなくなり、長い間塩漬けになることが決定的になります。

今回はコロナウイルスによる影響が長くなればなるほど、破綻する企業が増える可能性が高まるわけですから、そこだけは注意が必要です。

コロナの影響が想定より早く鎮まれば、私はコロナショック前よりも相場は上がりバブルになる可能性すらあると考えています。

なぜならば、今回の対策としておそらくほぼすべての国々が、大規模な金融緩和に取り組むため、世の中にお金が溢れる状態になるからです。

さらに、今回の自制自粛や外出禁止令のおかげで、人々は相当なストレスを抱えています。

コロナウイルスが落ち着いてこういった規制がなくなれば、人々は狂ったように娯楽のための消費を始めるでしょう。

こういった局面で、冷静かつ大胆に考え行動できる人が、大きな富を築けるのだと思います。

さて最後に、今回のコロナウイルスで混乱した世の中をみて感じたことを正直に書くので、温厚な方は読むのはここまでにしておいてください笑

コロナウイルスの影響で、飲食や観光業界をはじめ、売り上げが大きく減少した会社が多いかと思います。

酷い場合には、解雇された方もいるかと思います。

そういった会社や人々がよく口にするのが「政府が早急になんとかすべきだ」という他人に頼り切った考え方です。

日本には政府が何とかするのが当たり前で、他人に責任を押し付けるような風潮があるように感じます。

解雇された人は大変でしょうが、働くことができず収入がないというのは「うそ」です。

この世の中、選びさえしなければ働き口はいくらでもあります。

本当に困っているなら、人のせいにする前に、人に頼る前に、どこでもいいから早く就職活動をすることです。

最悪バイトでもいいじゃないですか、バイトの収入でも贅沢しなければ生きていけるはずです。

会社が潰れるならそれはしょうがないことだと思います。

こういったことを想定していない経営者が悪いのです。

わかりやすく簡単にいうと、今起きてる事象はすべて自分が悪いのです。

人のせいにしたり、人に頼ったりするのは、もうやめましょう。

そもそも政府がお金を出すと言っても、結局は税金から出されるわけであり、自分たちに跳ね返ってきます。

消費税をなくそうとかいう、ほんとバカみたいな議論がありますが、日本の財政どうなるんですか?

あなたの家計で考えた時に収入が0なのに、大きな出費をしようとしますか?

またそれが賢明なことだと考えますか?

目の前のことだけを考えるのは猿も同然です。

私たちが考えるべきは、未来の人たちにこの膨れ上がった借金を背負わせないようにするためにはどうすればよいかということです。

また、こういった時に必ず議論されるのが高所得者からお金を奪い取ろうというお馴染みの内容です。

これももうこりごり。

高所得者は頑張ったから、稼いでいるわけです。

それをあたかも稼いでいる人たちは悪い人で、そこから当たり前のように税金を取るべきだという超差別的な考え方は、もはや倫理観・道徳観の問題であり、最悪の考え方です。

それがまかり通るのであれば、低所得者は高所得者より下の人間であり、高所得者に対して敬意を表し、高所得者の言う通りにすべきだという考え方があっても良いというようなことになるのではないでしょうか。

高所得者は高額納税といった既に大きな差別を受けています。

そういった人たちは、日本のためになるなら、生まれ育った故郷のためになるならという気持ちで、高額の税金をみなさんのために収めてくれているわけです。

こういった本来当たり前に持つべき感情を、国民が持てるような教育やメディア認知をすべきだと思います。

当たり前のことを当たり前に考え行動できる人たちが増え、賢明な国民がいる国になってもらいたいものです。
Source: 不動産トップセールスマンの自己啓発と副業

コメント

タイトルとURLをコピーしました