【比較】転職の出戻りで成功する人と失敗する人【失敗と後悔しない】

副業

元々働いていた会社に出戻りってできるんだろうか?
どうしたら出戻りできるんだろう。
出戻りに成功する人と成功しない人の違いを知りたい

そんな疑問にお答え致します。

出戻りは一度辞めた会社に戻るので、元々一緒に働いていた上司や同僚に少し申し訳がない気持ちなど何か後ろめたさも感じたりします。

また、出戻り自体一般的な事なんでしょうか?

今回は出戻りに関する記事にて、出戻りに大事なポイントや

成功する人と失敗する人をまとめましたので参考にしてみてください。

ここにタイトル

・出戻りできる可能性や方法について解説
・出戻りで大切な事とは
・出戻りの成功例、失敗例

転職しても出戻りできる可能性はあるのか

return

出戻りできる可能性は十分あります。

(※ただし覚悟が必要な事もありです→記事の後半で)

なぜなら今の時代、一つの会社で働き続けるという感覚が以前より薄くなり
企業として必要な人材であれば、戻ってきてほしいと考えるからです。

人手不足という時代背景もあります。

実際、私自身が経理職として前の職場の上司から戻ってきてほしいと誘いを受けた
言われたことがあります。元同僚は半年で出戻った人もいました。

企業に対してのアンケート調査結果からも2016年から2018年の間で5ポイントも増えています。

Q:一度退職した社員を再雇用したことがありますか?

参考:エン・ジャパン/―人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』アンケート― より

考えているより、出戻りに対して世間は柔軟になっています。

転職後の出戻りの方法(自分から?誘いを受けて?)

return

出戻りの方法については主に下記2つのパターンです。

  1. 自分から会社に応募する
  2. 元上司からの誘いを受ける

      ①自分から会社に応募する

      自ら元々の職場で再就職したいと考えた場合、会社のHPから直接応募したり

      元上司や同僚に相談して出戻りの再就職を希望するパターンです。

      ここで重要なことは、可能な限り信頼関係を築けていた事が重要です

      勤務態度、成績、社員メンバーとの信頼関係、円満退社かしたかどうかが

      キーポイントになります。

      ②元上司や同僚からのお誘い

      元上司や同僚から出戻りのお誘いを受けたという事は

      上司(企業)側の意図としては、 会社に必要な人材が不足して

      新たに中途で採用するより出戻りで採用した方が下記のメリットがあるからです。

      ・事業や仕事の内容を把握しているので間違いなく即戦力となる
      ・外部環境で新たなスキルを得ているので社内の活性化になる
      ・お互いの事が知れているのでコミュニケーション構築が楽
      ・採用コストを抑えられる

      元上司や同僚からのお誘いを受けるためには職場を離れていても、適度に連絡を取り合い
      状況報告が出来る関係性になっている事が大切です。

      転職の出戻りで成功する人と失敗する人のパターン

      return

       

      下記表にまとめてみました。

      return

      上記を見比べてみて自身の事を冷静に考えてみてください。

      出戻りについてはシビアに考えないといけない事がある事をがあります。

      まとめ:転職の出戻りで大切な事

      上記でご覧頂いた通り、出戻りで大切なことはコミュニケーションや信頼関係です。

      コミュニケーションや信頼関係があれば、あなたの事を迎えやすいでしょう

      もし、上記をご覧頂き出戻りが心配な場合は、新たな会社に転職する事も考えてみましょう。

      私が実際に活用して良いと感じたのはパソナキャリア
      です。
      キャリアデザインからちょっとした悩みまで真摯に対応してくれて色々な可能性を導いてくれます。

      ※登録やサービスは無料です。



      あわせて読みたい

      Source: 福業TIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました