「継続は力なり」の本当の意味

副業

こんにちは^^
諒(@neko_afi)です!

「継続は力なり」を、

「継続すれば結果は必ず出る」

という意味で使っていませんか?

今回は「継続は力なり」という言葉についてお話ししようと思います。

他人と比べてはいけない

他人と比べてしまうと「継続は力なり」だと思わないこともあると思います。

自分よりも続けていなかったり、サボっている人が

自分よりも大きな結果を出しているなんてこともありますよね。

そんなものを目の当たりにしてしまうと、

結局続けることよりも才能の方が大事なのではと思ってしまうかもしれません。

しかし、そうではありません。

他人は他人、向き不向きがあり人それぞれです。

自分自身だけで考えると、

「10年間続けている自分」

「1年間続けている自分」

だと10年間続けている自分の方が技術や結果は出ていますよね。

もちろんスポーツのように体力勝負のものであればピークがありますので、一概には言えませんが、全く継続していない自分としっかりと継続している自分では、やはり継続している自分の方が結果を出しているのはあきらかでしょう。

継続してそのものと向き合って初めて上達し、結果を出すことが出来るのです。

続ければ必ず結果が出るのではなく、継続しないと結果は出ない

最初に少しお話ししましたが、

「継続すれば結果は必ず出る」という意味で使われがちですが、

実際には継続しないと結果を出すことはできないという意味です。

継続したからといって誰でも天才になれるわけではありません。

続ければなんでも思い通りになる訳ではありません。

しかし、それでも結果を出したい、成果を出したいと思うのだとしたら続けていかなければ結果を出すことは出来ないです。

継続した者にだけ結果を出す権利が与えられるのです。

どんなに才能があってもやめてしまったら終わり

「継続は力なり」という意味のもう一つの意味として、

継続していかなければそこで終わりという意味もあります。

どんなに天才でもそのもの自体をやめてしまったら意味がないです。

絵を描く天才だとしても、絵を描くこと自体をやめてしまったら結果を出すことは出来ないですよね。

どんなに結果を出す人でも天才だろうと続けていかなければそこで終わってしまうのです。

結果を出したとしても結果を出し続けなければいけないのです。

結果的にどんな人も継続していかなければ成果は出ないということなのです。

継続することの大切さと大変さ

継続する事で結果を出すことが出来る理由として

それだけ継続することが大変だと言えます。

継続というものは才能です。

  • 「同じことを1年続ける」この時点ですごいです。
  • 「同じことを5年続ける」こうなってくるとプロになってきます。
  • 「同じことを10年続ける」これはもう職人レベルです。
  • 「同じことを20年続ける」他にそれだけ続けている人がいなくなってきます。
  • 「同じことを30年続ける」誰にでも出来ることではない。

そうやって続けていく事で、それだけ技術が高まったり、誰にでも出来ないレベルになっていくのです。

誰にでも出来ないレベルということはもうそれだけで才能なのです。

継続するということは、

それだけ大切でありそれだけ大変で、それだけすごい才能だということなのです。

さいごに

人によって成果が出るタイミングは違いますし、何年も続けて初めて結果が出る人もいると思います。

もし10年続けて結果が出る人でも、10年続けなければ結果は出ません。

続けていればチャンスがやってくるのです。

しかし、

チャンスは続けていなければやってくることはありません。

あなたが今の現状に不満があるのならば、変わるために行動し続けなければなりません。

もし副業に挑戦してみたい、アフィリエイトが気になると言う方は下記LINEを追加してお問い合わせください!
稼げるまで、そして稼いでからも全力でサポートします!


Source: ビジネス初心者の営業マンがアフィリエイトに挑戦!

コメント

タイトルとURLをコピーしました