「ベネフィット」の意味とは?使い方や例文、「メリット・プロフィット」との違い

「ベネフィット」の意味とは?使い方や例文、「メリット・プロフィット」との違い

ビジネス用語には、日常生活ではあまり使われないようなカタカナ言葉が氾濫しています。「ベネフィット」というのもその1つですが、この言葉の正確な意味合いを説明できる人は、それほど多くないかもしれません。一体「ベネフィット」とは、具体的にどういったことを表しているのでしょうか。

今回は、ビジネス用語としての「ベネフィット」の意味や使い方などについて、詳しく解説していきたいと思います。

「ベネフィット」の意味

ビジネスシーンにおいて「ベネフィット」は、主にマーケティングの分野で使われています。ここではマーケティングにおける「ベネフィット」の意味と共に、英語本来の意味についても紹介していきましょう。

マーケティングにおける「ベネフィット」

「ベネフィット」の一般的な意味は、「利益」や「恩恵」といったものです。しかし、マーケティングにおいてこの語は、より細かい意味合いで使われるようになっています。

マーケティングの分野における「ベネフィット」とは、「商品・サービスの購入の先にある顧客の満足」を指します。単に商品のすぐれた部分や便利な点を言うのではなく、それらを手にすることにより、顧客が感じた変化やよろこびを表す点が特徴となっています。

例えば、ある人がデジタルカメラを購入したとしましょう。そのカメラはスペックも優れたものですが、それ自体は「ベネフィット」にはあたりません。この場合の「ベネフィット」は、そのカメラを使って日常を撮影することの楽しさや、周囲とのコミュニケーションの活性化などを言うようになっています。つまり、商品やサービスを購入することで得られる「体験」や「心理的変化」が、「ベネフィット」にあたるわけです。

「ベネフィット」の由来

「ベネフィット」は、英語の「benefit」という単語に由来する外来語です。「benefit」の意味は、「利益」「ためになること」「給付」「手当」「慈善興業」といったものになります。この場合の「利益」は、「個人や集団の幸福(福祉)につながるもの」というニュアンスを持つのが特徴です。
例えば、「a public benefit」という場合は「公益」の意味になり、「The fresh air will benefit you」という場合は、「新鮮な空気は体に良い」という意味になります。

「ベネフィット」の使い方・例文

上では「ベネフィット」の意味について解説しましたが、実際の使い方についても知りたいところです。ここでは、ビジネス用語としての「ベネフィット」の用法について、例文を挙げて紹介していきましょう。

例文:「この整髪料のベネフィットは、人に会うのが楽しくなることだ」

例文:「顧客にとってのベネフィットが明確でないと、幅広い注目は得られない」

例文:「ベネフィットの可視化にあたっては、商品の愛用者の声を聞くことが役に立つ」

「ベネフィット」と類語の違い

「ベネフィット」には、「メリット」と「プロフィット」という、2つの意味の似た言葉が存在します。それらもビジネスシーンではよく見かけるものですが、「ベネフィット」とはどう違うのでしょうか。この項目では、「ベネフィット」の類語と、それらとの意味の違いについて見ていきましょう。

メリット

「メリット」は英語の「merit」をカタカナ化した言葉で、「利点」や「価値」、「功績」といった意味を表します。「ベネフィット」と非常によく似た意味合いの言葉ですが、細かい点では異なります。

「メリット」という言葉がビジネスにおいて表すのは、「効果」です。例として、化粧品を挙げて見ましょう。Xという化粧品は、天然成分が100%配合されており、使い続けるとシミやそばかすが目立たなくなると宣伝されています。この時言われている「シミやそばかすが目立たなくなる」という「効果」が、「メリット」に該当します。

一方、この場合の「ベネフィット」は、「シミ・そばかすが目立たなくなる」ことで顧客が感じた、「毎日が楽しくなった」「自信が持てた」などの「変化・影響」になります。

プロフィット

「プロフィット」は、英語の「profit」に由来するカタカナ語です。意味は、「利益」「利潤」といったものになります。

こちらも「ベネフィット」と酷似していますが、「ベネフィット」が「個人や集団の幸福につながる利益」を指すのに対し、「プロフィット」は「物質的・金銭的な利益」を指すのが特徴となっています。分かりやすく言えば、「ベネフィット」は「満足」を、「プロフィット」は「儲け」を意味していると表現できます。

最後に

以上、「ベネフィット」の意味や使い方などについて、いろいろと紹介してきました。

このように、「ベネフィット」はビジネスシーンにおいて、「顧客が満足すること」といった意味合いで使われています。主に広告などのマーケティング分野で使われる言葉で、使用頻度もかなり高いので、例文で示したような使い方はしっかり覚えておきましょう。また、「メリット」「プロフィット」との違いについてもきちんと踏まえ、混同しないようにしておくのも大切です。

Source: 社会人の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました