「スケール」の意味とは?使い方や例文、「スケールメリット」「スケールアウト」意味とは?

「スケール」という言葉は、日常でもあちこちで耳にするものでしょう。ビジネスでもよく使われますが、この場合は「スケールする」「スケールしない」などという使い方が主となっています。一体この表現は、どういったことを表しているのでしょうか。

今回は、ビジネス用語としての「スケール」の意味や使い方について、例文を交えて詳しく解説していきたいと思います。

「スケール」の意味

「スケール」とは

日本語で使われる場合の「スケール」とは、「大きさの程度や規模」といった意味を表すことが多くなっています。また、「寸法や度などの目盛りがついた測定器具」「物差し」といった意味や、音楽で使われる「音階」の意味もあります。そのほか、あまり一般的ではないものの、「天秤の皿」といった意味合いや、「水に溶けたカルシウムなどがボイラーの内側に付着したもの」の意味合いも持ちます。

ビジネスにおける「スケール」

ビジネス用語として使われる場合の「スケール」は、「拡大」もしくは「縮小・停滞」の意味になるのが通常です。プロジェクトの規模や利益率の大きさなどについて使われ、それらが拡大(増大)したり縮小(減少)・停滞することを指す言葉となっています。また、IT業界においては、映像や画像を拡大・縮小することを指したり、ソフトウェアの処理能力を増大・減少させる際に使われます。ビジネスシーンで「スケール」の語が使われるのは、主にベンチャーやスタートアップなどの企業が中心となっています。

「スケール」の由来

「スケール」という言葉は、英語の「scale」をカタカナに置き換えたものです。「scale」の意味は、「規模」「定規・物差し」「(実物に対する模型や地図などの)比率・縮尺」「はかり」「規模」「程度」といったものになります。また、動詞としては「(はしごで)登る」「(図や模型などを)縮尺で作る」「(~に合わせて)調整する」「ある割合で増大・縮小する」の意味を持ちます。

「スケール」の使い方・例文

「スケール」の意味について見たところで、今度は実際の使い方について見てみましょう。
ビジネス用語としての「スケール」は、先にも述べたように、「拡大(増大)」と「縮小(減少)・停滞」の意味で使われることが多くなっています。ここでは、双方の場合での使い方を、それぞれ例文付きで紹介します。

「拡大(増大)」の意味での使い方

「拡大(増大)」の意味で使う場合は、「スケールする」という言い方をされることが多くなっています。前述のように、事業や経営の規模が大きくなったり、利益率が上がることを指します。具体的には、以下の例文のように使われます。

例文:「今回のプロジェクトの成功を受けて、以後の事業はさらにスケールしていく方向だ」

例文:「A社との提携により、利益率がスケールすることが予想される」

例文:「短期間で急速にスケールしたスタートアップは、ある時点で突然失速してしまうことも多い」

「縮小(減少)・停滞」の意味での使い方

「縮小(減少)」もしくは「停滞」の意味で「スケール」を使う場合は、「スケールしない」という表現がされます。こちらについても、例文を挙げてみましょう。

例文:「このプロジェクトは思ったより収益が見込めないので、今後スケールしない方向に決定した」

例文:「不況などの要因もあって、今年の利益はスケールしないことが決定的だ」

例文:「労働集約型のビジネスはスケールしないと言われているが、必ずしもそうとは限らない」

「スケール」の関連用語

「スケール」という言葉は、ほかのさまざまな語と結びつく形で使われることも多くなっています。この項目では、そうした「スケール」の関連用語とその意味について見てみましょう。

スケールメリット

「スケールメリット」とは、文字通り「規模が大きいことのメリット」という意味の言葉です。同種のものが多く集まって規模が増大することにより、単体の場合よりも大きな効果が得られることを言います。特に企業において、経営規模が大きくなるほど生産性や経済効率がアップすることを指しています。使い方は、以下の例文のようになります。

例文:「小売業界は、スケールメリットが生かしやすい業界の1つと言われている」

スケールアウト

「スケールアウト」とは、「サーバの台数を増やして分散処理させることで、システム全体の処理能力を高めるアプローチ」という意味のIT用語です。Webサーバのように1台あたりの処理が比較的軽く、かつ大量に処理が発生するようなシステムで有効とされています。これとは別に、サーバのCPUなどのスペックを上げてシステムを増強する方法を「スケールアップ」と言います。

例文:「スケールアウトすることで、トラブル発生時にもシステムの可用性が高まる」

最後に

以上、ビジネスにおける「スケール」という言葉の意味や使い方などについて紹介してきました。

一般的に「スケール」と言えば、「スケールが大きい(小さい)」などの使い方がされますが、ビジネスでは「スケールする(しない)」という言い方をすることが多くなっています。通常「スケールする」という場合は「拡大する」の意味ですので、くれぐれも「縮尺する」と間違わないよう気を付けてください。

Source: 社会人の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました